出版協会ロゴ

沖縄を語る1 時代への伝言

型番 ISBN978-4887127-232-2
販売価格 1,760円(本体1,600円、税160円)
購入数

お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

俺はウチナーンチュなんだ。
日本人である前に、ウチナーンチュでいいんだ。

権力、長いものに巻かれない決意を持たねばならい。
今が踏ん張り所だ。

高校生で「沖縄を背負って生きよう」と思ってから、沖縄の現実に関わってきた。

戦没者に、生き残ったことを謝るなんて、本当に戦争はすさまじいよ。

本書は「沖縄タイムス」紙での同名連載第一回から二十回をまとめたものです。


発行 沖縄タイムス社
編集 沖縄タイムス社
四六判 288ページ
上製本(ハードカバー)
定価 1600円+税


お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

ショップ担当のコーナー
企画部
   


沖縄タイムスに書評が載りました。




沖縄も急に冬になりました。

そして、沖縄タイムスに『沖縄語(うちなーぐち)とはどのような言語か、またその文法のしくみはどうなっているのか。これらの問いに答えてくれる一般向けのガイドブック』の書評が載りました。

2月17日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト
ツイッターアイコン     フェイスブックアイコン

各種SNSはこちら