ひめゆりと生きて 仲宗根政善 日記

型番 ISBN4-89742-046-6
販売価格 2,592円(本体2,400円、税192円)
購入数

お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

渡嘉敷良子の母親に会う(1953年)、ひめゆりの塔建立(1971年)、平良松四郎・生徒の自決現場(1972年)、ひめゆり遺族会で慟哭(1974年)、喜屋武断崖の歌声(1975年)、生き証人の重さ(1981年)、死ぬ思いと死ぬような思い(1984年).........
ひめゆり学徒隊の引率教師として、ともに戦場を彷徨い、教え子の最期を目の当たりにし、戦後も彼女たちを片時も忘れることなく「ひめゆり」と共に生きた仲宗根政善。
「ひめゆり」と関わる出来事を自分の痛みとしてとらえ、平和への願いを強く刻みつけていく。
戦争によって、何を感じ何を後世に残さねばならないか、平和への思いをうもらせず、後世に伝えていく。
1953年から1984年の間に綴った日記「ひめゆりの塔の記」(全29冊)の摘録。


発行:琉球新報社
著者:仲宗根 政善
A5判 344ページ
定価:2520円(税込)


お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

ショップ担当のコーナー
企画部
沖縄島南部の文化財巡り



先週の金曜日(9月13日),琉球史や文化財に詳しい宮城さんや新人と南部一帯を巡検しました。大城按司の墓は,いつか行こうと場所を確認していたのですが実際に足を運ぶのは今回が初めてです。





9月17日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト