本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること

型番 ISBN978-4-915999-17-8
販売価格 1,404円(本体1,300円、税104円)
購入数

お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること
−沖縄・米軍基地観光ガイド−

答えはすべて沖縄にありました。
なぜ日本の首相は1年しかもたないのか
なぜ米軍は戦後66年たってもまだ日本にいるのか。
なぜ日本の政治家は公約を守れないのか。
なぜ日本の官僚は公金を不正使用しても逮捕されないのか。
なぜ米軍が大学を封鎖して学長や市長を立入禁止にできるのか。
なぜペリーはたった4隻で日本を降伏させられたのか。

極東最大の嘉手納基地、移設問題が取りざたされる普天間基地、普天間基地の移設候補地キャンプシュワブなど沖縄本島と周辺離島のの28米軍基地・施設を歴史的背景も含めて解説しました。
取り上げた基地・施設のページには地図と見学のポイント、周辺の関連施設を掲載し、ドライブやフィールドワーク用としても使うことができます。


発行 書籍情報社
写真 須田慎太郎
監修 前泊博盛
文 矢部宏治
四六判 352ページ オールカラー
定価 1300円+税


お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

ショップ担当のコーナー
企画部
沖縄島南部の文化財巡り



先週の金曜日(9月13日),琉球史や文化財に詳しい宮城さんや新人と南部一帯を巡検しました。大城按司の墓は,いつか行こうと場所を確認していたのですが実際に足を運ぶのは今回が初めてです。





9月17日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト