21世紀に残したい 沖縄の民話 21話

型番 ISBN978-4-89742-082-0
販売価格 1,944円(本体1,800円、税144円)
購入数

お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

唐の国の神様が12の月の神様を作り、その順番を神様のところ来た順に決めた「十二支の由来(伊江島)」。働き者の弟と怠け者の兄。不思議なおばあさんに助けられ世の中の目当ての星になる「子ぬ方星の由来(石垣市)」。ゆうれいがくしゃみをした赤ん坊のマブイ(魂)がとらないように声に出す「クスケーの由来(北中城村)」など、沖縄県内に伝わる民話21話を掲載しました。


発行 琉球新報社
文 遠藤 庄治
絵 安室 二三雄
A4 60ページ
本体1800円+税


お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

ショップ担当のコーナー
企画部
新刊本,出ます



校正も佳境を迎え,まもなく校了を迎えるのが,宮良信詳著『うちなーぐち しくみと解説』

うちなーぐちの実用的な文法まで掲載した沖縄語を使いこなすための実用書です。
具体的な例文で構成されているので,とても分かりやすくつくられています。

まだ,あと1回程度,校正作業が残っていますが,ほぼ修正なく確認程度。
いよいよ印刷が視野に入ってきました。






8月14日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト