七つ橋を渡って 琉球怪談 闇と癒しの百物語

型番 ISBN978-4-89982-217-2
販売価格 1,620円(本体1,500円、税120円)
購入数

お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

いにしえより「百物語」と称されるもの、百の“怪”を語ると、“怪”そのものが起こるという。琉球・沖縄では、怪しげな存在、怪異を起こすものを“ムン”と呼ぶ。〈琉球怪談〉は、沖縄にまつわる人々が実際に体験した“ムン”、すなわち摩訶不思議な奇譚のみを取材し、まとめた怪談百話である。
沖縄・琉球という風土が反映された、沖縄の、沖縄による、沖縄のための百物語、それが〈琉球怪談〉である。
著者とともに「七つ橋渡って」怪異を巡ってみませんか


発行:ボーダーインク
著者:小原猛
B6判 296ページ
定価:本体1500円+税


お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

ショップ担当のコーナー
企画部
慰霊の日



6月23日は,沖縄戦の組織的戦闘が終わった日とされていて,沖縄県では,「沖縄慰霊の日」と定めています....






6月4日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト