新編沖縄の文学

型番 ISBN978-4-903042-15-2
販売価格 1,572円(本体1,429円、税143円)
購入数

新編沖縄の文学(増補・改訂版)
 本書『新編 沖縄の文学』(増補・改訂版)は、オモロから沖縄芝居「丘の一本松」まで、琉球文学を体系的にまとめ、沖縄の文学に興味を抱く多くの方々に、その全体を概観できるように編集されています。
 本書には、琉球方言、歌謡、琉歌の他に、方言説話「白銀堂伝説」、「執心鐘入」「丘の一本松」などの劇文学(組踊と沖縄芝居)、さらに日記・評論、随筆、琉球和文学、琉球漢詩文と全ジャンルを網羅しています。また、数多くのことばに語注を配し、現代語訳や解説を掲載するなど、予備知識がない人でも理解できるよう工夫されていますので、手軽に読み進めることができます。
 この本を読むと「沖縄の古典文学って、こんない面白いものなのか!」と感心すると同時に、知らない人に是非薦めてみたいと思うような一冊です。

■もくじ
1.身近な方言  〜父と娘の会話から〜
2.歌 謡
   歌謡概説    祈りの文学   オモロ
   奄美の歌謡   宮古の歌謡   八重山の歌謡
3.琉 歌
   琉歌概説   琉 歌
4.琉球説話文学
   琉球説話文学概説   神話 -「琉球開闢之事」
   伝説 -「銘苅子」   方言説話 -「白銀堂伝説」
5.劇文学
   劇文学概説 - 組踊と沖縄芝居 -
   組踊 -「執心鐘入」
   沖縄芝居 -「丘の一本松」
6.評 論
日記・評論・随筆概説
   日記 - 「伊江朝方日日記」
   評論 -「三鳥問答」
   随筆 - 「年ぬ夜〜満ちーねー欠きーん〜」
7.琉球和文学
   琉球和文学概説
   和歌 -『沖縄集』より
   擬古文物語 -「貧家記」
   随筆 -『思出草』
8.琉球漢詩文
   琉球漢詩文概説    漢詩・漢文
資料編
  琉球文学史年表
琉球方言の音節仮名表記一覧
琉歌マップ

編集:高教組教育資料センター 監修:波照間永吉(沖縄県立芸大教授)
本冊:B5判、176頁(4色/1色)
定価:本体1429円+税

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

ショップ担当のコーナー
企画部
アナウンサーによる
おきなわ本朗読会
(10月11日)



第1回 秋の夜長に耳ぐすい

10月11日(金)18:30〜

ジュンク堂那覇店 地下1階にて





10月9日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト