ごーやー

型番 ISBN978-4-903042-07-7
販売価格 885円(本体819円、税66円)
購入数

『ごーやー』
文・糸満園子 金城ケサ子
絵・西村貞雄

 「地方の時代」といわれている現代、自分たちの地域の風土や文化にふれることの重要性が改めて認識されています。「ふるさと絵本シリーズ」は、幼児が郷土の伝統的な行事・動植物・くらし・民話等に親しめる絵本づくりを目標に計画されました。
 食育という観点から、味覚の中での苦味を育ててくれる「ごーやー」は、沖縄の郷土料理の食材としてはポピュラーなものですが、近年において健康食材として全国に知られるようになってきました。栄養の面や夏場における食欲増進をはかる苦味のよさは、子どもの頃から育てていかないと嫌いのままでおわってしまいます。その苦味のあるにがうりを、子どもたちに植物的要素をもとにより身近に接してほしいという願いをこめて出版しました。

あとがき
 にがうりは沖縄独特の食べ物です。九州地方でも食されていますが沖縄ほどではありません。特に夏の野菜が少ない時期、大切な青物のひとつとして各家庭でチャンプル、てんぷら、ジュース等に料理され、古くから親しまれてきました。そこにはなつかしい“ふるさとの味”があります。最近は食べ物が豊富になり、苦味がきらいで食べようとしない子どもたちも多いようですが、その成分からしてもできるだけ食べさせたいものです。
 この絵本は、子どもと一緒になってのにがうり栽培をもとにして作成しました。水かけ、肥料入れ、棚づくり等いろいろな世話をしたにがうりがやがて実をむすび、それを収穫できたときの喜びには大きなものがありました。子どもたちもにがうりの成長の中からいくつかの発見をしたようです。絵本でもとり上げましたが、つるの特徴、め花とお花の違いなどには大きな驚きがあったようです。何でも容易に手に入れることのできる今日、手づくりのよさを忘れず、何らかの形で子どもにその機会を与えることは大事なことではないでしょうか。
 巻末資料には、歌「ゴーヤーってどんなの」譜面が掲載されていて、「にがうりについて」の説明資料や、「沖縄県四季の野菜」、「ゴーヤージュースの作り方」、「にがうりのスタンプあそび」の作品例が紹介されています。それらの資料を、活用及び利用していただければ幸いです。

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

ショップ担当のコーナー
企画部
福地昿昭先生が
お亡くなりになりました




昨日,7月5日,福地先生がお亡くなりになったと報道がありました。

福地先生は,沖縄の日本復帰運動や........





7月6日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト