沖縄その他

沖縄文学の100年 1,620円(本体1,500円、税120円)

戦前の文芸復興から現在の文壇まで、文学者と作品で綴る100年の物語

一九の春 864円(本体800円、税64円)

「唐船ドーイ」の主人公、私立探偵・新垣ジョージのその後の活躍を描く

ひょう風 1,836円(本体1,700円、税136円)

石垣島で執筆活動を続ける著者の小説作品5編を収録

涼風布工房 864円(本体800円、税64円)

第44回新沖縄文学賞受賞作

沖縄〈泡沫候補〉バトルロイヤル 1,296円(本体1,200円、税96円)

2018、沖縄県知事選。絶対に負ける闘いがあった—

地元ガイドが書いた那覇まちま〜いの本 一緒に歩こう那覇のまち 1,728円(本体1,600円、税128円)

あのすーじ小を曲がるとあなたの知らない那覇が見えてくる  〈まちの宝探し〉に出かけよう

沖縄劇映画大全 2,160円(本体2,000円、税160円)

初めての通史、多数の映画データ収録   沖縄映画を論じるための〈基礎〉となる一冊

ちばりよーノート 桃(5ミリ方眼) 135円(本体125円、税10円)

沖縄県内の小学校で使われているノート

(16マス) ちばりよーノート 黄緑 135円(本体125円、税10円)

沖縄県内の小学校低学年で使われているノート

(16マス) ちばりよーノート オレンジ 135円(本体125円、税10円)

沖縄県内の小学校低学年で使われているノート

ショップ担当のコーナー
企画部
新刊本,出ます



校正も佳境を迎え,まもなく校了を迎えるのが,宮良信詳著『うちなーぐち しくみと解説』

うちなーぐちの実用的な文法まで掲載した沖縄語を使いこなすための実用書です。
具体的な例文で構成されているので,とても分かりやすくつくられています。

まだ,あと1回程度,校正作業が残っていますが,ほぼ修正なく確認程度。
いよいよ印刷が視野に入ってきました。






8月14日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト