いただきます

型番 ISBN978-4-903042-12-1
販売価格 1,234円(本体1,143円、税91円)
購入数

 よしちゃん(おばぁちゃん)は、爆弾から逃れるため、母と弟と一緒にヤンバルへ避難しました。雨が続き、時が経つにつれ、食べ物といえば、葉っぱや木の実、チンナンだけになりました。命をつなぐため、時にはカエルをつかまえ、人の畑から芋をとり飢えをしのいだのです。

―あとがきより―
 この絵本は、沖縄本島中部にある読谷村に暮らすおじいちゃん、おばあちゃんたちから聞いたお話をもとにして、生まれました。
 ヤンバルへ疎開した人々は、「避難民」と呼ばれながら、2ヶ月半から半年もの間、山中をさまよい、飢えや過労の中で、犠牲者が続出しました。ヤンバルに疎開した読谷村民のうち、7割以上が栄養失調・病気によるものだったのです。
 比謝矼のお菓子屋さんだったSさん、畑の神様に頭を下げてから、ヤンバルの人の畑から芋を掘ったKさん、収容所で大切な赤ちゃんを亡くされたFさん。体験者の方々からお話を伺った、一つ一つの時間、場所を思い出すと胸がいっぱいになります。みなさんが語って下さったことを、「よしちゃん」に託して、子どもたちに贈ります。

ぶん・たまき ゆみこ
え・いそざき ちか
A4変形判、32頁

文 玉城裕美子  1969年京都生まれ 京都外国語大学卒業
現在、読谷村史編集室嘱託職員

絵 磯崎主佳   1971年神奈川生まれ 東京で美術科教師をした後、
2002年 沖縄玉城に移住
2003年 『コロとおじいさんと平和のかかし』共著
2006年 『しまくとぅばであそぼう』共著

定価:本体1143円+税

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

ショップ担当のコーナー
企画部
ジュンク堂の
トークイベントに
参加しました
(前編)




先週の土曜日(9月30日)、ジュンク堂で行われた「沖縄本ソムリエ 宮城一春のおもしろ県産本トーク 「那覇歴史漫遊」」に参加......





10月3日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト