絵本(沖縄時事出版発行)

■おすすめ順 ■価格順 ■新着順
かばまだら 885円(本体819円、税66円)

1983年に発刊され多くの人に親しまれてきた絵本

おにムーチー 885円(本体819円、税66円)

 「ムーチー(餅)」に由来した民話で、沖縄でもっとも子ども達に語り聞かされてきた話を絵本にしたものです。

うずらのかあさん 823円(本体762円、税61円)

 おかあさんうずらが、たまごを大事に温めています。とつぜん、野原に火事がおきてしまい、さぁたいへん!

いただきます 1,234円(本体1,143円、税91円)

 戦争は非日常の最たるものです。家族がバラバラにされます。食べ物がなくなります。母親は家族を守るために必死になります・・・・・身近な食からとらえた平和絵本!!

がんばれハーリー 885円(本体819円、税66円)

 沖縄の伝統的な行事の中で「ハーリー」を取り上げ、地域の祭りを通して伝統的な文化を子どもたちに、より身近に親しんでもらえるようにと思います。

ごーやー 885円(本体819円、税66円)

 沖縄の郷土料理の中ではポピュラーな食材,「ごーやー」(にがうり)は,栄養的価値はもちろん苦味のよさを子どもの頃から親しませるように,植物的要素をもとに構成しています。

あおちびさかなとターくん 885円(本体819円、税66円)

 お父さんと海で釣った青い小さな魚が、ターくんを案内して魚の国へ行きます。さあ、広い海の魚の国とは…!

たのしいオモチャ 885円(本体819円、税66円)

 おじいさんや、おばあさんから伝えられ、今の子どもでもすぐ遊べるオモチャとは…。

そらをとんだマングース 885円(本体819円、税66円)

 ハブにいじめられていた島の動物たちは、インドからマングースをよびよせたのだが…!

ショップ担当のコーナー
企画部
沖縄島南部の文化財巡り



先週の金曜日(9月13日),琉球史や文化財に詳しい宮城さんや新人と南部一帯を巡検しました。大城按司の墓は,いつか行こうと場所を確認していたのですが実際に足を運ぶのは今回が初めてです。





9月17日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト