そらをとんだマングース

型番 ISBN978-4-903042-11-4
販売価格 885円(本体819円、税66円)
購入数

 この絵本の主人公マングースは、1910年にネズミやハブの天敵としてインドから沖縄に導入された生物です。インドあたりでは、古くから「ヘビ食い」として知られていましたが、ハブの毒にたいしての免疫はなく、毒牙にかかると死亡することもあります。
 絵本では、ハブに苦しむ沖縄の動物だちがマングースをインドから連れてきて、ハブの退治をお願いします。でも、実際のマングースは体長40センチほどの小さな動物。マングースを見た動物たちは、「こんなに小さくてハブにかてるのかい?」とガッカリしてしまいます。そこへ、どくのキバを光らせた大きなハブが…!
 さぁ、マングースとハブの戦いの結末は?

文:石川キヨ子 絵:安室二三雄
B5判変型 24ページ
定価:本体819円+税

ショップ担当のコーナー
企画部
沖縄島南部の文化財巡り



先週の金曜日(9月13日),琉球史や文化財に詳しい宮城さんや新人と南部一帯を巡検しました。大城按司の墓は,いつか行こうと場所を確認していたのですが実際に足を運ぶのは今回が初めてです。





9月17日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト