出版協会ロゴ

かばまだら

型番 ISBN978-4-903042-22-0
販売価格 901円(本体819円、税82円)
購入数

花壇からそっともってきた幼虫が、蛹になって虫かごにぶらさがっているのを見つけたときの驚きと喜び−なぜだろうか、どうなるのだろうかという疑問と興味− また、小さな生きものを愛護するという豊かな感情の広がり。
カバマダラの飼育観察を通して、子どもたちは、科学する心や自分自身で考え試してみることの大切さを身につけたように思えました。
この絵本は、このような子どもたちとの楽しく貴重な経験を基に作成しました。価値ある教材を提供してくれる自然は、まさに良き教育者であると言えましょう。
                      (あとがきより)


文 佐久本 恒子
  町田 妙子
絵 菅 美歌
ページ数 24ページ
サイズ 25cm

ショップ担当のコーナー
企画部
   


東アジア
出版人会議
開幕



来る11月21日(木)から二日間にわたって第27回東アジア出版人会議(沖縄会議)が開かれます。

日本(東京・沖縄),中国,台湾,香港,韓国の出版人が一堂に会して,東アジアに共通するテーマや課題について議論する。
今回のテーマ....

11月18日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト
ツイッターアイコン     フェイスブックアイコン

各種SNSはこちら