基地で働く 軍作業員の戦後

型番 ISBN978-4-87127-213-1
販売価格 2,057円(本体1,905円、税152円)
購入数

お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

普段着にエプロンを着けた女性の写真。まるで、食堂で働いているかのような格好だが、手にしているのはゴーヤーチャンプルーではなく、砲弾だ。
写真の主は栄野比ノブさん(85)。ベトナム戦争中の1970年、知花弾薬庫で火薬を装てんしているところを、職場の米兵に撮ってもらったものだ。弾薬庫の事務所に飾られていたが陸軍から空軍に移管される際、ごみ箱に捨てられていた。偶然見つけ、自宅で大切に保管してきたという。

私が以前見た映画で米軍占領下の基地従業員が弾薬を扱うシーンは、生死の境の緊張感にあふれていた。ところが、写真に写った実際の現場は「危険」「特殊」というイメージとはかけ離れたエプロン姿で、砲弾は素手で扱われていた。
(「はじめに」より)


発行 沖縄タイムス社
著者 沖縄タイムス中部支社 編集部
A5判 368ページ
定価 1905円+税


お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

ショップ担当のコーナー
企画部
慰霊の日



6月23日は,沖縄戦の組織的戦闘が終わった日とされていて,沖縄県では,「沖縄慰霊の日」と定めています....






6月4日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト