出版協会ロゴ

行事・信仰・歌・芸能・ウチナーグチ

おにムーチー 901円(本体819円、税82円)

 「ムーチー(餅)」に由来した民話で、沖縄でもっとも子ども達に語り聞かされてきた話を絵本にしたものです。

がんばれハーリー 901円(本体819円、税82円)

 沖縄の伝統的な行事の中で「ハーリー」を取り上げ、地域の祭りを通して伝統的な文化を子どもたちに、より身近に親しんでもらえるようにと思います。

今どきウチナーグチ&ウチナーギャル語 1,019円(本体926円、税93円)

「いったーむのーウチナーグチあらん!(あなたたちのは、ウチナーグチではない!)  言葉って世代によって変わっていくものなんですね。

沖縄しきたり歳時記 増補改訂 1,320円(本体1,200円、税120円)

昔ながらのしきたりと現代性が同居する沖縄。 年中行事の本質がここに

新編沖縄の文学 1,572円(本体1,429円、税143円)

 オモロから沖縄芝居「丘の一本松」まで琉球文学を体系的にまとめ、分かりやすく編集された沖縄文学の入門書

沖縄祝い事便利帳 1,650円(本体1,500円、税150円)

子どもの誕生、トゥシビー(生年祝い)、ニービチ(結婚)、家づくり・墓づくり、人生の祝い事でのウサギムン(供え物)から祝い方まで、沖縄のディープすぎる不思議な世界。他府県の人には異次元そのもの?

幸せを呼ぶ 沖縄開運術 おまじない・縁起物・ご利益スポット 1,650円(本体1,500円、税150円)

沖縄ならではの厄払い、福を呼ぶ方法

戯曲 火城ー琉球国劇「組踊」誕生ー 1,650円(本体1,500円、税150円)

従来にない、多才さを示す新たな朝薫像を描き出す!

うちなーぐち  しくみと解説 1,760円(本体1,600円、税160円)

沖縄語(うちなーぐち)を系統立てて学ぶのに役立つ、一般向け 待望の解説書

奄美の相撲─その歴史と民俗 1,980円(本体1,800円、税180円)

世界的にも希有な変化を遂げた奄美の相撲を、沖縄と比較しながら、歴史と民俗の両面から解き明かす

ショップ担当のコーナー
企画部
   


沖縄県
小学校社会科
教育研究会編
ひらけゆく沖縄県




小学4年生の地域学習用の副読本,『ひらけゆく沖縄県』が改訂されました。

6月4日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト
ツイッターアイコン     フェイスブックアイコン

各種SNSはこちら