出版協会ロゴ

絵本・紙芝居・読み物

鵯が啼く 1,870円(本体1,700円、税170円)

石垣の風土と文人たちの交歓

少年の橋 1,870円(本体1,700円、税170円)

表題作に加え,「少年よ,夏の向こうへ走れ」「黒い森から」など6編を収めた短編集

志乃の花笠 1,650円(本体1,500円、税150円)

自らの恋を「伊野波節」に重ね,舞う   若き女性の恋物語

弦月 1,980円(本体1,800円、税180円)

サンゴのしま 1,650円(本体1,500円、税150円)

うちなーの鬼たいじ 440円(本体400円、税40円)

午前零時の歴代校長会議 1,650円(本体1,500円、税150円)

学校で出会ったすべての子どもたちへ

はじめてのおともだち 1,320円(本体1,200円、税120円)

子どもの龍エイトと、うさぎのウラビナ、カメのジンタ3人のものがたり

ぼくもあったらいいなぁ 1,540円(本体1,400円、税140円)

「ヤギのシルー」でおなじみのお笑い芸人、いさお名ゴ支部さん初めての絵本

ぴーじゃー えほん 1,100円(本体1,000円、税100円)

わすれたくない たいせつなもの

ショップ担当のコーナー
企画部
   


沖縄県
小学校社会科
教育研究会編
ひらけゆく沖縄県




小学4年生の地域学習用の副読本,『ひらけゆく沖縄県』が改訂されました。

6月4日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト
ツイッターアイコン     フェイスブックアイコン

各種SNSはこちら