絵本・紙芝居・読み物

歌うの大好き ミミクジラー 756円(本体700円、税56円)

かわいらしいのに少し変なキャラクターたちがくり広げる、おかしな物語。

まんぐーすのプーヒヤー 1,296円(本体1,200円、税96円)

山の動物たちがくり広げる、おもしろ、おかしな、お話。

ケーイ 命が教えてくれたもの−つしま丸・沖縄戦 1,728円(本体1,600円、税128円)

命がおしえてくれたもの。今に生きる私達は、そのことを伝えることが役目かもしれません。

忘れられた傘の会 1,296円(本体1,200円、税96円)

旅する傘たち、親思いの鬼、ファンタジーから童話、昔話風から摩訶不思議な話まで、齢90をこえた著者の第一作品集

太陽キラキラ みなみのしま 1,404円(本体1,300円、税104円)

みなみの島・沖縄へようこそ サトウキビ・パイナップル・バナナ・パパイヤ・水牛・さんご礁・そして島に台風がやってきた

まねっこキジムナー マキちゃんのおうちさがし 1,620円(本体1,500円、税120円)

「人間といっしょの世界に住みたいの」 沖縄のどこにでもいる不思議なものたちの話

エイサーだいこでちむどんどん 2,538円(本体2,350円、税188円)

沖縄の伝統行事「エイサー」を取り上げた絵が飛び出すしかけ絵本

津堅赤人 1,944円(本体1,800円、税144円)

弱きを助け強きをくじく、沖縄本島中部津堅島に伝わる武人・赤人の冒険物語

琉球怪談 現代実話集 闇と癒しの百物語 1,620円(本体1,500円、税120円)

沖縄には、さまざまな怪が潜んでいる……。
体験者から蒐集した、心に響く“怪談”百話。
沖縄の、沖縄による、沖縄のための、百物語

七つ橋を渡って 琉球怪談 闇と癒しの百物語 1,620円(本体1,500円、税120円)

話題沸騰、沖縄発の『琉球怪談』待望の第二弾!
心の底から響く実話怪談百話の饗宴!

「あの橋のむこうに……さらなる沖縄の怪異が潜んでいる」
肝のそこ(チムノスク)から響く!実話怪談百話の饗宴!

ショップ担当のコーナー
企画部
新刊本,出ます



校正も佳境を迎え,まもなく校了を迎えるのが,宮良信詳著『うちなーぐち しくみと解説』

うちなーぐちの実用的な文法まで掲載した沖縄語を使いこなすための実用書です。
具体的な例文で構成されているので,とても分かりやすくつくられています。

まだ,あと1回程度,校正作業が残っていますが,ほぼ修正なく確認程度。
いよいよ印刷が視野に入ってきました。






8月14日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト