出版協会ロゴ

沖縄の民話・昔話

■おすすめ順 ■価格順 ■新着順
新編沖縄の文学 1,572円(本体1,429円、税143円)

 オモロから沖縄芝居「丘の一本松」まで琉球文学を体系的にまとめ、分かりやすく編集された沖縄文学の入門書

新編沖縄の文学+音声資料CDセット 3,143円(本体2,857円、税286円)

 沖縄文学の入門書「新編沖縄の文学(増補・改訂版)」とその音声資料CD(2枚組)のセット。琉球語作品、琉球文学と琉球の歌謡にふれたい方に最適。

うずらのかあさん 838円(本体762円、税76円)

 おかあさんうずらが、たまごを大事に温めています。とつぜん、野原に火事がおきてしまい、さぁたいへん!

おきなわの民話劇
おきなわ学校劇集第2集
2,670円(本体2,427円、税243円)

「おじぃ、おばぁから子どもたちへ」

うにぎらまとあはれんびんちぃ 1,320円(本体1,200円、税120円)

持てる力は戦いのためではなく、村人の平和な暮らしのため、力を合わせた鬼慶良間と阿波連弁慶の話

名護親方の『琉球いろは歌』の秘密 1,100円(本体1,000円、税100円)

今を生きる指南書 47首の『琉球いろは歌』その秘密に迫る

ショップ担当のコーナー
企画部
   


3月8日の
「ウチナー紀聞」(RBC)にて、
沖縄本ガイドが
放送されます。




告知を視ると、ボーダインクの新城さんとジュンク堂の森本店長が中心に放送されるようです。

3月4日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト
ツイッターアイコン     フェイスブックアイコン

各種SNSはこちら