出版協会ロゴ





お取り寄せ書籍

■おすすめ順 ■価格順 ■新着順
南島考古入門 -掘り出された沖縄の歴史・文化 2,200円(本体2,000円、税200円)

沖縄考古学会、総勢70名で執筆した、沖縄考古学の普及書

宮城ヨシ子写真集 Frame Out 1,980円(本体1,800円、税180円)

写真は、こんなにも身近にある

認知症の私は「記憶より記録」 1,650円(本体1,500円、税150円)

若年性アルツハイマー型認知症…だから見えるものできること伝えられること クラウドファンディングから生まれた感動の書

新訂 ジュニア版 琉球・沖縄史 1,650円(本体1,500円、税150円)

名護親方の『琉球いろは歌』の秘密 1,100円(本体1,000円、税100円)

今を生きる指南書 47首の『琉球いろは歌』その秘密に迫る

消えた琉球競馬 幻の名馬「ヒコーキ」を追いかけて 1,980円(本体1,800円、税180円)

沖縄には、世界に類がない走りの美しさを勝負する競馬があった

新装版 海の王国・琉球 「海域アジア」大交易時代の実像 1,870円(本体1,700円、税170円)

国境と海を越えた古琉球の時代 それは現在の沖縄を理解するための遙かなる歴史のトビラ

帰る家もなく 1,980円(本体1,800円、税180円)

帰る家はないけれど、これから旅する場所はいくらでもある 『首里城への坂道』のノンフィクション作家が紡ぐエッセイ集

本日の栄町市場と、旅する古書店 1,760円(本体1,600円、税160円)

市場で出会ったひと  旅で出会った本  那覇「宮里小書店」の副店長が綴ったカウンター越しのエッセイ

「艦砲(かんぽー)ぬ喰(く)ぇー残(ぬく)さー」物語 「でいご娘」と父・比嘉恒敏が歩んだ沖縄 1,760円(本体1,600円、税160円)

私たちはみんな艦砲射撃の喰い残し.... 沖縄・昭和の名曲をめぐるノン・フィクション

ショップ担当のコーナー
企画部
   


9月18日は
「しまくとぅばの日」 


来る土曜日は、しまくとぅばの日。

くとぅば(9,10,8)をもじってつけたとかつけなかったとか。

絶滅危惧言語である、沖縄地方の方言「しまくとぅば」。

ちょっと学んでみませんか?。


9月15日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト
ツイッターアイコン     フェイスブックアイコン

各種SNSはこちら