出版協会ロゴ

一般書籍(沖縄時事出版発行)

宮良長包歌曲集 3,300円(本体3,000円、税300円)

沖縄を代表する作曲家 宮良長包。
多くの人に愛され,誰もが彼の歌を口ずさみ親しんできた長包メロディー。

彼の代表作22曲を日本語と英語で解説し,同様に楽譜もバイリンガルで掲載。

御願本の決定版!! 年中行事と御願 2,200円(本体2,000円、税200円)

ウチナーンチュにとっての御願とは?
これだけは知っておきたい御願の基礎知識あれこれ

これだけは知っておきたい 琉球・沖縄のこと 1,320円(本体1,200円、税120円)

琉球・沖縄の歴史・文化・平和・環境問題を扱った総合的な地域学習書

うちなーぐち  しくみと解説 1,760円(本体1,600円、税160円)

沖縄語(うちなーぐち)を系統立てて学ぶのに役立つ、一般向け 待望の解説書

幼児期の教育 しぐさや言葉に魅せられて〜出会いの数だけ感動がある〜 1,650円(本体1,500円、税150円)

沖縄発!保育実践の記録集!   保育の楽しさ難しさ奥深さを学ぶことができる1冊です。

親子で学べる那覇まち物語
那覇のむかしと今が地図・イラスト・写真でわかる物語
1,430円(本体1,300円、税130円)

山下洞穴人、離れ小島だった旧那覇、王の住む首里城、壺屋焼、泡盛、ガーブ川、国際通り、新都心の開発など、旧石器時代から現代までを取り上げ、那覇を紹介した一冊

沖縄不真面目文化論 1,650円(本体1,500円、税150円)

沖縄のお笑い芸能プロダクションのタレントを著者とした書籍第2弾。

八重山を学ぶ  −八重山の自然・歴史・文化− 2,200円(本体2,000円、税200円)

八重山の自然・歴史・文化を網羅した県民待望の一冊!

今どきウチナーグチ&ウチナーギャル語 1,019円(本体926円、税93円)

「いったーむのーウチナーグチあらん!(あなたたちのは、ウチナーグチではない!)  言葉って世代によって変わっていくものなんですね。

東アジア読書共同体のために
〜「東アジア出版人会議」10年の議論から〜
3,080円(本体2,800円、税280円)

日中韓、香港、台湾、沖縄の6地域の出版人がこの大目標を掲げ、自らの地域と出版を想い、歴史・編集・実情・流通・将来像を議論する。

ショップ担当のコーナー
企画部
   


シンポジウム
「地方出版の
現状と課題」
 開催


沖縄出版協会では、現在、恒例の「おきなわ本フェア」を開催中です。


週替わりで、各版元さんによるイベントがジュンク堂を中心にして行われています。


10月8日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト
ツイッターアイコン     フェイスブックアイコン

各種SNSはこちら