読み語り読本 沖縄のはなし

型番 ISBN978-4-938984-85-4
販売価格 1,080円(本体1,000円、税80円)
購入数

お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

「沖縄のよび名 琉球と沖縄」「沖縄のはなし 芭蕉紙」「沖縄の宝物 島人(シマンチュ)のこころ」「平和の色」「春に咲くコスモス」など、沖縄史教育の実践運動に深くかかわってきた筆者が、その37年間の教師生活を通して学んできた沖縄観をエッセーや詩としてまとめた一冊。

呼び名の由来、言葉の系譜、伝統工芸や野鳥・昆虫、人物、沖縄の心。その歴史背景や人物の偉業、自然のすばらしさを示し、わかりやすい言葉と親しみやすい文体が、わたしたちの住む「琉球」「沖縄」をクローズアップさせてくれます。
親御さんはもちろん、お子様にも勧めたい一冊です。


発行:編集工房 東洋企画
著者 新城俊昭(沖縄歴史教育研究会代表)
B5判 80ページ オールカラー
定価 1000円+税


お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

ショップ担当のコーナー
企画部
沖縄島南部の文化財巡り



先週の金曜日(9月13日),琉球史や文化財に詳しい宮城さんや新人と南部一帯を巡検しました。大城按司の墓は,いつか行こうと場所を確認していたのですが実際に足を運ぶのは今回が初めてです。





9月17日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト