沖縄骨語り 人類学が迫る沖縄人のルーツ

型番 ISBN978-4-89742-221-3
販売価格 1,058円(本体980円、税78円)
購入数

お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

浦添ようどれ、銘苅古墓群、具志川グスク、百按司墓、白保竿根田原洞穴遺跡など、沖縄県内の遺跡調査に携わり、1000人以上の人骨調査を行ってきた著者が、その研究を振り返り「沖縄人研究の過去・現在・未来」を最新の成果を踏まえてまとめた一冊。


発行 琉球新報社
著者:土肥 直美
新書判 188ページ
定価:980円+税


お取り寄せ書籍(品切れの場合もございます)

ショップ担当のコーナー
企画部
新刊本,出ます



校正も佳境を迎え,まもなく校了を迎えるのが,宮良信詳著『うちなーぐち しくみと解説』

うちなーぐちの実用的な文法まで掲載した沖縄語を使いこなすための実用書です。
具体的な例文で構成されているので,とても分かりやすくつくられています。

まだ,あと1回程度,校正作業が残っていますが,ほぼ修正なく確認程度。
いよいよ印刷が視野に入ってきました。






8月14日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト