沖縄戦・基地・平和学習

見つめよう 平和への願い 450円(本体417円、税33円)

 沖縄戦を中心にして、「平和」を追求していくことで、平和の尊さと思いやりの心を学ぶことができる学習教材。小学校高学年向け。

新訂版 これだけは知っておきたい琉球・沖縄のこと 600円(本体556円、税44円)

 琉球・沖縄の歴史と文化を主に、自然や平和などをクイズ形式で取り扱った沖縄を知るための入門書です。

2005年度 新聞協会賞受賞 沖縄戦新聞 864円(本体800円、税64円)

当時の状況を今の情報、視点で構成

沖縄・米軍基地データブック 972円(本体900円、税72円)

1950年代,本土で縮小し沖縄で拡大した米軍基地。沖縄の「負担」とは何か,どこから来たのか。数字と図表,やさしい解説で読む基地問題の今と歴史。

沖縄戦の「狂気」をたどる 972円(本体900円、税72円)

追い詰められ、情報の遮断された「戦争」という空間の中で起きた「狂気」の数々。目撃者や当事者の視点から向き合い、追体験をする。

未来に伝える沖縄戦 1,008円(本体933円、税75円)

琉球新報にて連載(2012年4月14日〜2012年11月11日)された「未来に伝える沖縄戦」、中・高生が記者と一緒に沖縄戦体験者から証言を聞き取り、新報の紙面でまとめた第2集。

未来に伝える沖縄戦 1,008円(本体933円、税75円)

琉球新報にて連載(2012年11月24日〜2013年7月14日)された「未来に伝える沖縄戦」、中・高生が記者と一緒に沖縄戦体験者から証言を聞き取り、新報の紙面でまとめた第3集。

未来に伝える沖縄戦 1,008円(本体933円、税75円)

琉球新報にて連載(2014年11月8日〜2015年9月13日)された「未来に伝える沖縄戦」、中・高生が記者と一緒に沖縄戦体験者から証言を聞き取り、新報の紙面でまとめた第6集。

対馬丸ガイドブック 1,028円(本体952円、税76円)

対馬丸記念館ガイドブック。記念館館内で展示されている全資料が一部補足資料を加えて掲載されている。

いかに「基地の島」はつくられたか 1,080円(本体1,000円、税80円)

本土で縮小された米軍基地が銃剣とブルドーザーで押し広げられ、本土企業の建設ブームにわく。そんな1950年代の沖縄でだれが何を失い何を得たのか。課題先送りの矛盾と歪みが膨らむ戦後日本の原点と向き合う。

ショップ担当のコーナー
企画部
那覇のむかしと今を
地図・イラスト・写真で
記した本が出ます!




旧石器時代、琉球王国時代、沖縄戦、戦後復興、新都心地区開発。めまぐるしく変わってきた那覇をわかりやすく紹介した一冊。
「親子で学べる那覇まち物語」、1月15日より発売開始予定。






1月7日

続きはブログで

↓↓↓↓
ショップブログはこちら
モバイルサイト